2017年3月26日日曜日

おとぎ話ツアー~もでらあとライブ

 NolenNiu-de-Ossi&丸山研二郎
「おとぎ話ツアー2017」3月24~25日 お越しくださった皆様、そして静岡LIVEHOUSE UHUと御前崎クックハウス椿の皆様、ありがとうございました。 素晴らしい2つの会場で、自分たちも純粋に演奏を楽しむことができました。 これから5~7月の静岡市内3公演に向けて、とても幸先の良いスタートです。 詳細を決定したら、すぐにお知らせいたします。 きっと来てくださいね。



  
デ・オッシの音楽の詞をゆっくりと噛み締め、アレンジと音色にじっくり聴き惚れる2日間だった。

今までももちろん素晴らしいと思っていたが、もっと味わい方がわかってきた今日このごろだ。

「詩に酔う」とか「陶酔する」なんていう言い方あるが、文化として詩を嗜み、披露し、その言葉の響きを反芻し何度も噛み締めて、それぞれが自分の解釈を加えながら、味わってゆく。

そんな風に、何度も何度も聴くごとに感動が深まっていく音楽なんだな。

2日目、オープニング・アクト(O.Aには申し訳ないようなミュージシャンなのだが)として仲間であるピアニスト・よっぴーさんが出演してくれる予定だったが、諸事情により出演できなくなってしまった。

なので急きょ、よっぴーさんのバンドで歌う予定だったシンガー・柴田久美子さんが、僕の曲、デ・オッシの曲をカバーで1曲ずつ歌ってくれた。

とても嬉しかった。

しばくみさんまたやろうね~。


御前崎から静岡市内まで車で約2時間。

帰りは深夜。

ぼーっと車を走らせていると、いろいろとツアーに回っていた頃のことを思い出す。

何となくかけていたブッゲ・ヴィッセルトフトのピアノが妙に心を包んでくれた。

Bugge Wesseltoft - Singing
https://www.youtube.com/watch?v=k8-LInAV3pE



そして、本日はその興奮覚めやらぬなか、非常に疲れた体を引きずっての清水「もでらあと」のランチタイムコンサートでした。

共演のてづかあいさんとリハーサルを終えて、ぎりぎりに会場に着き、ドアを開けて、僕は目を疑った。

満席である。

あわててバタバタと準備をしたが、音響はトラブるし、あいさんの椅子はなぜか壊れるし、波乱含みのスタートであった。

でも、来てくださった皆様のあたたかさに疲れはふっ飛んで、最終的にはゆったりとした春のかおりをお届けできた、よいコンサートになったのではないかと思う。

ただ、ご予約がなく、入れずに遠慮してお帰りになったお客様もでてしまった。

ミュージシャンとしては満員御礼で嬉しいながら、せっかく楽しみにしてくれた方々に非常に申し訳なく思うことです。

これに懲りずに、またぜひお出かけくださいませ。


この3日間は、自分の心もほぐれたようないい3日間だった。

次回に向けて気持ち新たに頑張ります!

0 件のコメント:

コメントを投稿