2017年3月19日日曜日

皆仲良くしようね

自分はかなり人の行動に対して寛容な方だと思う。

理不尽だと思うところがあっても、何かいいところを見つけるとすぐに許してしまう。

ところが、これはどうも許せない、というのがいくつかある。


1つは、コンビニなどで携帯で電話をしながら買い物するやつである。

これは結構許せん。

いや、罪を憎んで人を憎まず。「やつ」ではなくそういう行為だ。

どんな瞬間的な付き合いでも、かんたんなシステムのお店でも、他人に対する敬意を失ったら人間オシマイである。ちゃんとコミュニケーションしようぜ、と思う。


2つは、「八つ当たり」をするやつだ。

いや、「やつ」じゃなくてそういう行為だって。

当事者ではない他人を使ってストレス解消したりする。
これは結構自分もやってしまう。

結局、人のせいにして自分に向き合えないことは、本当に情けないと思う。


前者ともつながってくるが、最後には、「陰口」を叩くやつだ。

「やつ」じゃないってのに。

自分がうっかり会話の流れで調子に乗って、本人のいないところでその人の悪口を言ってしまった時には、あとで、顔が熱くなってきて足がすくんだり、ものすごくふわふわした嫌な気持ちになる。

そういうやつは…!

あ、陰口叩いてるのは俺か…。だから陰口はいけないのよ。

悪口は、仏教の教えでは殺人よりも罪が重いという。
結局、その言葉がもとで人に勘違いを引き起こし、暴力に発展してしまう可能性があるからだ。

「みなさん、その時のさびしさといったら私はとても口で言えません。みなさんおわかりですか。ドッと一緒に人をあざけり笑ってそれから俄かにしいんとなった時のこのさびしさです」

宮沢賢治 カイロ団長

0 件のコメント:

コメントを投稿