2017年4月7日金曜日

リハーサル開始

「静岡県郷土唱歌」の前半の譜面が完成し、リハーサルが始まった。

ほとんど意識はしていないのだが、僕のアレンジは妙にクラシックっぽくなるらしく、依頼主のT2オーディオ・坪井さん曰く「室内楽」的な感じだそうだ。

空の灯音楽隊のメンバーを中心に、今回はヴァイオリニスト・丸尾あみ子さんにも参加してもらっている。

そのヴァイオリンの響きが、そんな印象をさらに深めているのかもしれないが、そこに、和太鼓・パーカッションやジャズ・ベースが加わり、ピアノが入り、シンガーソングライター的なボーカルが入ると、空の灯音楽隊のサウンドになる。


このように書くと、発想だけのごちゃまぜ音楽のようだ。

でも、なぜかきちんと音楽は1つの方向に向かっていく(ように僕は勝手に思っている)。

メンバーのみんなが共通して、譜面では伝わらない何かを即座に汲んでくれるのだ。
自分が、意外な音に対して寛容すぎるっていう説もあるんだけど。


ふとした口約束から始まったこの録音。

思った以上に面白い音源になりそうな予感がしている。

後半の方のアレンジも只今猛烈に進行中です。

いろんな仕事の合間にかなりのスピードで行っているので、間違いも多い譜面を、また即座に指摘して一番いい感じに直してくれる、そんなメンバーのみんなに感謝。

0 件のコメント:

コメントを投稿