2017年4月17日月曜日

清水綺譚

清水にて2本演奏をさせていただきました。

来てくださった皆様ありがとうございました。

まずは、zilL&丸山研二郎のクレイファクトリー・ライブ。

ジルくんとご一緒させてもらうのは何年ぶりだろうか。

彼のステージは「相変わらず」だった(笑)。
いい意味でね。

お客さんがもういるのに、でっかい声で発声練習してるし。

急にセットリストを変更したり、今日作った、という未完成な曲をいきなり演っちゃって危なっかしかったり…、奇想天外だが、その底抜けのあたたかいキャラクターに、残らずみんなニコニコと笑顔になって帰っていく。

もちろん、とてもきれいなメロディで、明るく勇気づけてくれる曲たちがあってこそ。

ジルくんが「自分のカフェライブの原点だ。」というクレイファクトリーのすばらしい雰囲気も助けて、笑いあふれる楽しいライブになったようです。

偶然来ていたミュージシャンのZANちゃんが、椅子を叩いて乱入するハプニングも有。
楽しかった。


もう一つは、クローバー・カフェにてソロのライブ。

こちらは21:00からライブ開始と、始まる時間が遅い。
でも、店内にはゆったりとした時間が流れていて、非常に心地よく過ごすことができる。

不思議な空間だな、と思う。

その空間のせいか、いつも自分の感情と妙に向き合うことができるステージになる。

お客さんは皆あたたかく聴いて下さるので語弊はあるが、なぜか程よい孤独感があって、まるで自分だけぽつんと離れて演奏しているような、そんな奇妙な感じにとらわれることがある。

うまく表現できないけれど、緊張もしなければ舞い上がりもしない…、というか。

フラットである、というか。


朴訥だけど優しいマスターも本当にいい感じだ。

自家製野菜はハッとするほど美味しいし、超個性的なお店である。

ここ最近、清水で演奏させていただくことが多い。
特に選んでいるわけではなく偶然だけど。

清水銀座は閑散としている。

数十年前は飲み屋街はすれ違うのも大変だった、と誰かに聞いたが嘘みたいだ。

でも、一軒一軒のお店が非常に個性的で面白い。
飲みに行こうかな、と思うと、あ、清水がいいかなと思う今日このごろ。


日がな桜の下に寝転んで、ずっと満開の花を眺めていたいと思う。

毎年そう思う。しかしそんな暇はどこにもなく、空想に終わってしまう。

時間は作ればないことはないんだけど、今は子どもをほっぽらかして一人でごろごろできない、と思う。
じゃあ子どもがいなかったころはどうかというと、仕事が忙しいからとむりだと思っていた。

仕事が忙しくなかったころはどうだったかというと、桜の下に一日居たいなんて考えもしなかった。

何においてもそんな感じである。

人生はあっという間かも知れない。

0 件のコメント:

コメントを投稿