2017年7月16日日曜日

まさかの扉


おとぎ話ツアー最終日の翌日は、同じくデ・オッシとのライブ。

彼らが毎月企画している「まさかの扉」という企画に出演させていただきました。

来てくださった皆様、デ・オッシのふたり、コーディネーターのまっきいさん、ありがとうございました!

会場は東京、「HEAVEN青山」というライブハウス。

こぢんまりとしたホールながら、まず音響が素晴らしいことに感動。

間取りも、受付が外にあり、入ってすぐがバーカウンター、奥に進んだところがホールになっている。

グランドピアノが乗っても悠々と使えるステージは、会場のおそらく1/3以上をしめていて、どんなスタイルの音楽でも最大限パワーを発揮できるように…という心遣いが感じられました。

この日、僕は極端に体調が悪く、実は正直ライブどころではない、という状況であった。

でも、あたたかいお客さんの雰囲気と、素晴らしい音響と、デ・オッシの愛(?)に助けられ、力を振り絞ることができました。

また、それもプレミアムな感じ、ということで、これからの精進をお約束して、お許し願いたい(笑)

イベント「まさかの扉」がこれからも盛況でありますように!

2017年7月14日金曜日

おとぎ話ツアー終演


お礼の投稿が遅くなりましたが、

NolenNiu-de-Ossi&丸山研二郎「おとぎ話ツアー2017」に来てくださった皆様、各会場にて関わってくださった皆様。

本当にありがとうございました。

おとぎ話ツアーと題して行ったライブは今年3月から、

3月 LIVEHOUSE UHU
3月 クックハウス椿
5月 東壽院
6月 スノドカフェ七間町
7月 LIVEHOUSE UHU

5月には、突如会場の変更を余儀なくされましたが、たくさんの方にお声掛けいただき、無事開催することができました。そのことで、かえって各方面へのご縁が深まったようにも思います。

最後のUHUでは、満員のお客様にご来場いただきました。

一生懸命ライブをさせてもらった活動が実を結んでいったような気がして、とてもうれしく、感謝しています。

さて、NolenNiu-de-Ossiの演奏は、回を重ねるごとに深まっていきました。

何か、不思議な明かりで照らされた絵巻物を見ているようで、時には怪しく、時には郷愁を誘う。
他に類を見ない楽器の使い方(ルックスも含めて)と、複雑なのにどこか懐かしい楽曲が、本当に絶妙なバランスの上に成り立っていて、しかも全体的にあたたかい。

僕は、結構いろんな音楽を聞き慣れているので、ある程度免疫(?)があるんだけど、初めて見る人は、「んな…んなな…なんじゃあこりゃあ~!」と思うんだろうなと思う。

ところが聴けば聴くほど、最初の物珍しさよりも、じわじわと何か、やさしさのようなものの方が大きくなってくる。

もっともっとたくさんの人に紹介したいバンドだ。

僕のステージは、ツアー後半のライブでは、友人の和楽器奏者・原口朋丈氏とデュオで演奏をした。
もともと親しく、長いこと一緒に演奏をしてきたけれど、これも今回1歩2歩深まったようだ。

そして奇しくも、和楽器というものに焦点をあてた2つのグループによるイベントが出来上がった。

ちょっと手前味噌だけど、安易な異ジャンルコラボレーションではない、新しい和楽器の使い方を、ひょっとして提案できているのでは…?という若干の自負もあるのだ。

NolenNiu-de-Ossiは、しばらくはまた全国を旅し、僕は地元静岡にて演奏活動に励みます。

また必ずの再演を!

楽しみにお待ち下さいませ。

2017年7月6日木曜日

唱歌録音終了


静岡県郷土唱歌の録音、すべての工程を録り終えました。

やったー。

1曲1曲は短いながら、全28曲という大変な量。
(アレンジは、曲が短いから簡単…というわけじゃないのよ。)

仕事の合間をぬいながら、編曲・譜面作成・ミュージシャンのスケジュール調整+諸連絡・練習・録音・音楽監督と、普通は一人ではできないでしょ、と、仲間に言われる仕事の分量であった。

関係者ならわかってくれるだろう、と思う(笑)。

だからこそ、非常に勉強にもなった。

これからスタジオの主、Tぼい氏がミックスをしてくれる。それを楽しみに、また数日を過ごそうと思う。

今回関わってくれたミュージシャンは、

加瀬澤彩友美 歌
黒川浩和 歌
しほみ 歌
てづかあい 歌・ウクレレ
中司和芳 ベース
原口朋丈 篠笛・和太鼓・パーカッション・三味線
丸尾あみ子 ヴァイオリン
misato 歌
渡辺真由子 ピアノ・キーボード・オルガン
(あいうえお順敬称略ね!)

でした。
みんな、ありがとうございました。

2017年7月2日日曜日

Sivuca


ちょっと用事でブック・オフに立ち寄って、何気なくCDコーナーを見ていると…。

なんと、ネットで購入ボタンを押そうか迷っては消し、迷っては消ししていた、ブラジルの鬼才Sivuca(シヴーカ)のCDが。

しかも安い。

ほぼ地元のCDショップなんかでは出会えないと思っていたのに。

そそくさとレジへ持って行く。

しみじみと聴きながら、買ってよかったな~と思うのでありました。

Sivuca-Sivuca
https://www.youtube.com/watch?v=Ra8IbQ7-vcc&t=1867s